KITSCH PAPER

HOME BOOK DAIRY MOVIE MUSIC ETC
Oh my Buddha!It is such a wonderful site that it's unbelievable.
2015.07.24

ムダが大切

150724「ゼロベースで計画を見直す」
“ゼロベース”という言葉のせいで何となくカッコ良く聞こえますが、要は関西のおばちゃんが言うところの“パーになった”ってことですよね、新国立競技場。
さらにオリンピック・バラリンピック組織委員会会長を務める元総理大臣が「生ガキがドロっとした〜」と言いだしたのを皮切りに、場外乱闘になだれ込んだ模様。
見積もり額をはるかにこえる建設費、赤字を生みつづけるランニング試算など、大きな問題があるのは分かります。ザハさんのデザインがベストかどうかは別にして、黒字か赤字かという数字だけでプランの善し悪しを決めるのはちょっと違う気がします。新国立競技場は国のシンボルのひとつとなるもの。そんなものを損得だけで決めてどうするの。それなら人類の遺産になっている多く建物はムダでけしからんものになってしまう。人を惹きつける根源は計算し尽くされた合理性ではなく、度が過ぎたムダにあると思うので、どんなデザインに変更されるにしろ、何の過剰もない無味無臭なものだけはやめていただきたいものです。

ということで、ムダなことに多くの時間を割いている僕の暮らしに、またひとつ大きなムダが加わりました。
トレイルです。トレイルをはじめました。最近は野山を走るトレイルランが流行っていますが、僕は歩く方。
関連の本を読むと、歩くことで感覚や思考が研ぎすまされたり、ストイックな気持ちになったりすると書かれているんですが、今のところその兆候はゼロ。むしろ、帰ったらビール飲みたい、焼肉食べたい、クーラーの利いた部屋でギンギンのロケンローを聴きたい、痴女に誘惑されたい、それはどう考えても実現不可能なのでそれ関連のAVを見たいと、次から次へと煩悩が湧き出てくる始末です。
無茶苦茶に疲れ、シューズやリュックなどのアイテム(近ごろはギアっていうんですね)を買うコストがかかり、誰に頼まれるでもなく、誰の役にも立たないこと。そして、つれ合いに「トレイルっていいたいだけやん」と半笑いされること。これをムダといわずに何といいましょう。
しかしこれがやたらと楽しいんです。歩くこと自体だけでなく、トレイルをすることでご飯がおいしくなったり、夕方のうたた寝や、お風呂、音楽を聴くこと、しょうもないテレビ番組や痴女のAVを見ることなどが楽しくなるから不思議です。
現在、京都盆地をグルッとまわる京都一周トレイルコースに挑戦中。月曜日に足を引きずっている場合は、「どうしたん?」と尋ねてください。思いっきりムダなトレイル話をして差し上げます。

posted by ichio