KITSCH PAPER

HOME BOOK DAIRY MOVIE MUSIC ETC
Oh my Buddha!It is such a wonderful site that it's unbelievable.
2016.09.27

アメリカ企業がF1を買収

160926先日、メディア・通信・エンターテインメント事業などを展開するアメリカの企業リバティ・メディアが、F1を買収したと発表されました。そのお値段、8000億円!! 8000円置くんと違います。1億円の8000倍、8000億円を払うのです。8000億あったら、僕の欲しいCD・DVDリストに載ってるやつ、余裕で買えるじゃないですか! それだけじゃなく、気になっているスニーカーも定価で買える。しかも買い物帰りに、シェフが目の前で焼いてくれるようなステーキ屋さんでたらふく食べて、お土産にステーキサンドなんかもお持ち帰りできる、相当な額です。もし、この1/10000の額、いや1/100000でうちの事務所(従業員は僕1人)の買収話が持ち上がったら、カルタの選手並みのスピードでOK出します。
シャープの買収額が4000億円弱ということからしても、半端ない額であることは間違いありませんが、ワールドカップ、オリンピックに次ぐ規模を誇るスポーツ興行の値段としては、どことなく叩き売られた感が漂います。実際、近年のF1はさまざまな面で行き詰まっていて、人気下降が止まらない状態。日本でも今年から有料放送のみという有り様。おかげで我が家もCSに加入する羽目になりました……。

今回の買収で大きな話題となっているのは、アメリカの企業が買ったということ。F1はヨーロッパのスポーツで、アメリカでの認知度はイマイチ。ミュージシャンで例えるなら、イタリアのプログレバンド「アレア」のボーカル、デメトリオ・ストラトスあたりでしょうか。デメトリオ、ご存知でしょうか? ヨーデル唱法を取り入れた人類史上唯一無二のボーカリストなのですが、普通に生活していたら、まず出会うことはありません。F1もそれと大して変わらない存在だと思います。
一応アメリカでもレースは開催しているのですが、スタンドはガラガラ。何となく分かりにくくて面倒くさい感じが(実際に分かりにくくて面倒くさいのですが)、Born To Be Wildなアメリカ人には馴染まないのでしょう。
そんなF1不毛の地アメリカの大企業が買ったのですから、何か企んでいるはず。事実、これまでの大株主だったCVCキャピタル・パートナーズが単なる投資対象としてF1を捉えていたのに対して、リバティ社は積極的に運営に関わっていくとしています。新会長に就任した21世紀フォックス元副会長のチェイス・キャリー氏も、多くの人に受け入れられるようにショーアップしていくかもと発言している模様。早くもF1をここまで大きくしたドン、バーニー・エクレストン氏と火花を散らしているとか。

こうしたビジネス魔人の権力争いは置いておいても、改革が必要なのは間違いありません。F1買収額の1/100000で身売りすると豪語する人間がいうのも何ですが、今のF1には3つの領域での改革が必要だと考えます(キリッ)。
1つ目は、クルマや競技に関するレギューレーション。詳しく説明すると長くなるので手っ取り早く言いますと、今のレギューレーションはF1の魅力をまったく引き出せていない。F1の魅力とは、最高のスタッフが最高に速いマシンをつくり、最高のドライバーがマシンを限界ギリギリで操り1番を争うスリルと狂気がダイレクトに伝わることです。いろいろレギューレーションの上っ面をいじくり回しているのですが、いい加減、抜本的な改革に取り組むべきです。
2つ目は、運営体制とシステム。今は元締めだけが儲かり、チームやレース主催者などはジリ貧状態。チームの財政難はドライバーやレースの質低下を招き、興行面の行き詰まりは観戦料の高騰やグランプリ中止につながります。今の厳しい条件を受け入れられる主催者は(特にヨーロッパでは)少ないので、自ずとお金を持っているF1とは縁遠い国で行われることになってしまいます。また、元締めが各国のテレビ局に膨大な放送権料を迫るため、テレビ局は「見たい奴は金払え」と、有料放送へとシフト。それでますますファンが減るという、負のスパイラルを起こしています。チーム、レース主催者への分配を増やすシステムをつくると同時に、迅速に実行に移せる体制をつくる必要があります。
3つ目はプロモーション。みなさん、F1と聞いてどんなイメージが浮かびますか? たぶん何のイメージも湧いてこないのではないでしょうか。もしかしたら中には、「気分を害するカン高い声をした人が解説するスポーツ」という、非常に偏ったイメージをもっている人もいらっしゃるかもしれません。それでもイメージをもってもらえているだけありがたい。それくらいF1は、若い人に「F1、マジやばい」と感じてもらうための取り組みをしていないのです。いきなりナイキやアディダスみたいにカッコいいものは求めません。童話で出てくる「太郎」が3人集まり何やかんやする、どこぞの電話屋さんのパクりでもいいので、ブランディングとプロモーションに取り組んでいただきたい。こうして新たなファンを獲得すれば、激減しているスポンサー獲得にもつながるでしょう。
あぁ、無責任に正論を吐くのって気持ちいい〜!
今回のリバティ社による買収をきっかけにして、F1改革に着手してくれることを期待します。

posted by ichio
2016.06.20

ファッションのゾンビ化防止

160620派手な恰好が似合う人に憧れます。子どもの頃からベーシックなものを身につけることが多かったため、派手めな服を着るのが気恥ずかしい。そうしてスルーしているうちに、オッサンがジーンズを履くとどこか不自然なように(まぁ、僕も立派なオッサンですが)、普通の服さえ似合わないカラダになってしまうので要注意です。
かといって、いきなりレインボーTシャツを着てもイタい人になるだけなので、日頃から派手な色やデザインに耐えうるカラダづくりをしておくことが大切だといえるでしょう。

ファッションのゾンビ化防止は、手軽さやコストを考えると、やはりTシャツが最適。といっても、最初から派手な色にするのはハードルが高いので、とりあえず色は地味なままにして、胸や背中に描かれている言葉をとんがったものにしてみるのが良いのではないかと考えています。例えば、「WONDERFUL LIFE」というような毒にも薬にもならない言葉から、「I LOVE JUKUJO」といったメセージ性があるものにシフトする感じです。

Tシャツのほかに、もうひとつ使えるのが、スニーカー。実は僕も写真のようなスニーカーを履いてアンチエイジングをしようかと思案中です。
しかし、こんな派手なスニーカー、どんなシーンに履いて行ったらいいんでしょう? そして、どんな服を着たらよいのか、皆目分かりません。
希望としては、スポーツをする時ではなく、あくまで街で履きたい。でも、仕事で履くとなると、「先方さんに怒られるかな……、いや、キャラづくりのために思い切って攻めてみるか」など、考える要素が増えて面倒くさい気もする。40半ばを過ぎて、こんなことで悩む自分をキュートに感じます。
最近、アジア系の若い外国人観光客を見ると、個性的に履きこなしているように思うのですが、すべてが違い過ぎて、どこをどう真似てよいのか分かりません。
下手こかないように、これまで通り、定番的なものにしておいた方が無難なのかもしれません。ただ、僕が好んで選んでいる定番は、よく製造中止になってしまうんですよね。これって、時代に合っていないというか、要はダサいってことなんでしょうか……。

posted by ichio
2015.04.22

当たり前のことなどない

150422うかうかクサいウンコもできないのか!
先日発生した、ウンコのクサさにキレた妻が夫を切りつけるという事件は、『ゴーン・ガール』を遥かに上回る衝撃でした。
汗水垂らして稼いだお金を妻に吸い上げられて、エサ代としてお昼の弁当もろくに買えない額のお小遣いを渡され、挙げ句の果てにクサいウンコをしたせいで殺されそうになるって、シャケのオス以下の境遇じゃないですか。
事件を起こした夫婦の仲は以前から壊れていたようですが(小遣いが少なかったかは定かでありません)、それにしても奥さん、キレるとこ、そこッ?! ウンコでキレてる自分がアホらしくならないところが凄い。というか、自分も似たようなのしてるでしょうに。
人が暮らしていく上で当たり前のこととして成立していると思っていたことが、実はそうではなかった……。これこそが、吉本隆明氏が説いた「共同幻想論」とうやつですか。

段ボール箱は、モッサリしていて、つぶれやすい。
多くの方がそういうイメージを持っていると思いますが、実はそうではありません。この固定概念を覆すのが、フェローズの段ボール箱。
まずもって、ルックスがイカすところが、他の段ボール箱との大きな違い。これなら、インテリアとして見えるところに置くのもアリです。
さらに、この箱のもうひとつの特長は、丈夫なつくり。実際に僕はこの箱を使っていて、読まなくなった本や、あまり聴かないCDなどを詰め込んでいるのですが、まったくかたちが崩れる気配ナシ。しかも、その状態でスタッキングしてもOKなんだからビックリです。

クサいウンコが罪だとすれば、世の中年男子は全員アウト。奥さんに殺されないようにするには、マッチがいちばん。普通に擦るだけでかなりの効果が期待できます。マジ、ためしてみてください。
なぜ、そんなことを知っているのか。それは、ここで言うのはやめておきます。

posted by ichio
2014.12.07

気持ち悪い

141207.jpgジャポニカ学習帳の表紙から昆虫の写真が消えたそうですね。その理由は、親や先生の「きもい~」というクレームとのこと。知らんがな、そんなこと! 子どもではなく、親や教師がしゃしゃり出て、‘気持ち悪いからなくせ’と言う感性。そして、こんなアホな主張にいちいち反応するメーカー…。この国、本当にヤバいです。
僕は以前、某サイトで顔出し写真入りの記事が掲載されたところ、スポンサーの女性社員さん一同から「気持ち悪い~」とブーイングを受け、そのことをまとめ記事で公にされた嬉しい…、もとい悲しい過去があります。また、打ち上げでご機嫌に呑んでいただけなのに、またまた代理店の女性社員さんから「気持ち悪い~」というクレームを受けたこともあります。
もちろん法にふれたり、迷惑になるようなことはしていません。要は存在自体に問題があるワケで、ジャポニカ学習帳の法則に則ると、僕も消えなければなりません。
僕はともかく、昆虫は気の毒です。大体、現在の地球上で最も栄えている生物は昆虫といわれるくらいですから、人間なんぞがとやかく言うのは度が過ぎています。

“度が過ぎている”“気持ち悪い”という言葉で思い出したのが、『ランボー 最後の戦場』。
ランボーという名前を見ただけで鼻で笑った人、ランボーとスタローンに失礼です! 確かにシリーズ2作目の『怒りの脱出』と3作目の『怒りのアフガン』は失笑ものですが、1作目とこの4作目は必見の映画です。
1作目は、逃走劇における“途中で逃亡者と追跡者の立場が逆転する系”の傑作。そして『ランボー 最後の戦場』は、人体破壊系の最高峰といってもいいでしょう。還暦を迎えてデップリしたランボーが撃ちまくるマシンガンによって人の体が弾け、肉片が飛び散る様がこれでもかと描かれているのです。そのグロテスクさは、完全にハリウッドのメジャー映画のマナーを超えています。何を思ってスタローンがこのような描写にこだわったのかは分かりませんが、観ていて単純に“怖い”“戦争はアカン”と感じます。そして、何より映画としておもしろい。
また、任務を終えたランボーが向かうところを見ると、胸を打つものがあります。この悲壮感と虚無感、国に対するアンチの姿勢は、1作目と共通するもの。そういう意味でもこの作品は、1作目と直結する続編といえるでしょう。

ジャポニカにクレームを出すような怖い人がいるのでいっときますが、人体破壊を人に見せろといってるワケじゃないですよ。

posted by ichio
2014.11.10

若いモンに物申す

141111.jpg40代半ばに差しかかり、ジェネレーションギャップを感じることが増えています。この前も仕事の打ち上げでご機嫌に飲んでいたら、女性スタッフさんから素で「中年のオヤジみたいで気色悪い」と言われました。‘中年のオヤジみたい’は事実なので素直に受け入れますが、‘気色悪い’はまったく自覚がない。ていうか、極めて紳士的に振る舞っていたつもりだったんですけど…。同じ場にいた男性陣に確認したところ、‘まったく問題なし。安心してよい’とのこと。これはたぶん、僕たちの世代が普通だと思っていることが、若い世代にとってはそうではないのでしょう。
また、缶コーヒーのCMで流れるスティービー・ワンダーの曲を聴いた若い人たちが、ONE OK ROCKの曲を勝手にカバーしたと怒っているという記事を見て、これまたジェネレーションギャップと強い違和感をおぼえました。

こういう物言いは‘最近の若いモンは’とまくしたてるロートルみたいで我慢していたのですが、今読んでいる『人生作法入門』の中で山口瞳さんが若いモンに腹を立てているのを見て、僕も文句を言ってやろうと強気になった次第です。
僕が文句を言いたいのは、スティービー・ワンダーを知らないことではなく、知識のレンジが狭いことです。僕も決して広くはありませんが、いろんなことを知りたい気持ちはあります。でも、今の若い人にはその姿勢があまり感じられない。‘自分たち(“自分”ではなく、“自分たち”)が好きなこと、共感できることだけでいい’みたいな考え方が定着している気がしてならないのです。これは、仕事や人生において“間違わずにソツなくこなす”姿勢にもつながっていやしないかと思うワケです。

映画や音楽が好きな人に限っていっても、自分の好きな人やジャンルしか興味がない人が多いように感じます。しかも海外のミュージシャンやクリエイターに対する関心度が低く、ルーツともなると問題外。インターネットでいろんなことにアクセスできる時代なのに、意識が内にうちに向いているのが興味深いところです。
僕たちの世代は海外への憧れもあったと思いますが、好き嫌いに関わらずいろんなものを観たり聴いたりして、自分の好みをつくっていった。今の人たちはこのプロセスが省略化されているんじゃないでしょうか。
とりあえずトム・ウェイツを聴いて、無理して強い酒を飲み、次の日に後悔するなんてこと、今の学生にすれば単なるバカなのかもしれません。大体、僕らは道端に落っこちているエロ本が見つけに、そこら中をほっつき歩いていた世代ですから。こんな非効率的なこと、今の人はしないでしょ。(実際に落っこちていたのですから、今とは世の中自体が違うのかもしれません)
自分たちが共感することに慣れ親しむのもいいでしょう。‘余計なことに割く時間はない’と、カッコいいことも言えるでしょう。
しかし、間違わず正解だけを選ぶことが必ずしも正解とは言えないと思うのです。余計と思えることを一旦取り入れ、それらが醗酵することで栄養となり、ドボ漬けのような味わい深い人間になるんじゃないでしょうか。
そんなクサい人間になりたくないと言われればそれまでですが、是非とも無駄や失敗を大切にしてほしいものです。何なら、エロ本探しにおつきあいします。

posted by ichio
2014.10.26

ドーナツに関する話

141026.jpg心底どうでもいい話で申し訳ありませんが、最近、自分がドーナツ好きだということに気づきました。朝食に、仕事の合間のおやつに、夜の一服のお供に、という具合にかなりの頻度で食べています。
おいしいし、味のバリエーションも豊富。といっても冒険できないタイプなので、食べる種類はごくごく限られていますが。
ドリンクとの相性が良いことも大きな魅力。コーラや紅茶と食べてもおいしいし、何といってもコーヒーとの相性はサイコーです。
それにルックスも良いじゃありませんか。丸くて真ん中が空洞。キュートで、見ようによってはどこかトンマ。そして、人を哲学的にさせる佇まい。こういう人がいたら完全にリスペクトです。

そういえば、「ドーナツの穴だけを残して食べるにはどうすれば良いか」という珍題に、大学教授がそれぞれの専門分野の視点で考える、タイトルもそのまんまの『ドーナツを穴だけ残して食べる』という本が話題になりましたね。

そして、ドーナツといって忘れてはならないのが『ツイン・ピークス』。警察署の机にズラーッとドーナツが並べられているシーンは、凄いインパクトでした。デヴィッド・リンチは日常の光景を非日常的なものにひっくり返す天才です。
ここ2~3年前から超自然現象やスモールタウンの悪意、食への関心など、『ツイン・ピークス』で扱っていたテーマが“今”につながっていると感じることが多くなり、もう一度観直したいなと思っていたら、テレビシリーズと劇場版を完全コンプリートしたブルーレイのボックスセットが発売されました。日本版は誰もいらないTシャツをつけて輸入版の倍の値段をとるって、ひど過ぎでしょ! 輸入版にも日本語字幕と吹き替えもついているので、買うなら絶対にこっち。
そして何と、2016年放送予定で『ツイン・ピークス』の新シリーズがつくられることが発表されました。しかも、今回もデヴィッド・リンチとマーク・フロストが脚本とプロデュースでガッツリ関わるというから期待値は上がります。舞台はローラ・パーマー殺害事件が発生してから25年後のツイン・ピークス…。想像するだけで、いろんな意味でゾクゾクします。

posted by ichio
2014.08.31

見える化はNG

140831.jpgやっぱりアカンですか…、おっさんの乳首が透けてるの。
テレビ番組でこのテーマを取り上げていて、女性にアンケートをとったら、大半がNGという結果に。さらにインタビューでは、‘そない汚いもの扱いせんでもいいやないですか!’と声を上げたくなるほどの、辛辣なコメントのオンパレード。
これって作為的じゃないですか? だって、何も聞かれない真っ白な状態なら特に気にしなくても、‘おっさんの乳首が透けてるのって、どう思いますか?’と聞かれたら、僕だってマイナス寄りな発言をしてしまいますから。

でもまぁ、確かに気になっていたことではありました。数年前、タイトな白のポロシャツを買ったら、ピッ、ピッと乳首が突起しているのを発見。ちょっと恥ずかしかったので、アンダーウェアを着たものの突起したままだったため、そのポロシャツ単体で着ることはなくなりました。今年買った白のTシャツでも、まったく同じ現象が発生。
気になったので、他のTシャツを着てチェックしてみると、結構な確率で突起しているではありませんか! 思いのほか強いです。僕の乳首。
胸板は少し厚つ目ですが、全然マッチョではありませんし、乳首自体も小さいのに、何ででしょう。
ということで、メンズ用ニップルもアリなのかと思って調べてみたら、結構なお値段するので、ただいま保留中。需要があれば値段も下がってくると思うので、みんなで使いはじめませんか?

posted by ichio
2014.05.14

不惑の四十代

140514.jpg悩んでいます。
前進すべきか、撤退すべきか…。
もちろんビジネスのことではなく、矢部寿恵さんについてです。
寿恵さんをご存知ない方はスルーしてもらってよいと思いますが、一応簡単に紹介しますと、映像関係の特定ジャンルで活躍されているベテラン女優さんです。
僕はこれまでアイドルや女優、アーティストなど、女性有名人のファンになったことがありません。小学生の時、好きな女の子が中森明菜ファンだったため、カセットを借りるなどファンぽい行動をとったことはありますが、一度もカセットデッキに入れることなく、「やっぱり「スローモーション」はいいなぁ」と、適当なこといって返しました。
そんな堅物な僕のハートを射止めたのが寿恵さんというワケです。(※女性の読者の方、ここから少々気持ちわるくなりますので、ご注意ください)

寿恵さんをご存知の方ならお分かりいただけると思いますが、彼女の魅力は「ギャップ」。外見は年齢から醸し出されるしとやかさにあふれながら、いったん「プレイボール」状態になると、何と濃ゆい感じになることか! 思わず、「ひ、ひさえさん、ホントにいいんですか?」と声が漏れてしまいます。

みなさんは、「ほんで、何を悩んでるんや?」と思っておられるでしょう。
ご説明おそくなってスミマセン。告白しますと、寿恵さんのDVDを買うかどうか悩んでおるのです。
日頃お付き合いさせていただいている方の中には、僕がスケベ、変態と勘違いされている方がいらっしゃるようですが、実はエロビデオ、1本も持ってません!!
何か家に置いておくと空気がモワッとするようでイヤなんですよねぇ。だから僕はレンタル派。(キリッ)
そんなワケでDVDを購入することは僕にとって一大事なんです。
ネットで買った後、購入履歴が残ったり、リマーケティングで広告が掲載されるのも感じわるいし、一体どうすればよいのでしょう…。不惑の四十って、ウソですね。

posted by ichio
2014.04.12

安西水丸さんのダンディズム

140412.jpgイラストレーターであり、エッセイスト、作家でもある安西水丸さんが先日、亡くなりました。
安西さんが手掛けられた多くの作品の中でいちばん印象に残っているのは、村上春樹さんとコンビを組んだ『村上朝日堂』でのイラスト。小説とは異なる村上さんの“のほほん”としたエッセイに、安西さんの肩の力が抜けた温かみのあるイラストがマッチしていて大好きでした。

また、安西さんといえばダンディな大人の男で、「将来はああいう男になりたいな」と思う、憧れでもあります。ダンディといってもバリバリのブランドものに身をつつんでいるのではなく、自分の気に入った服をボロボロになるまで着たおす。自分に合った服を厳選して、それをとことん愛用することで服の方も着る人に歩み寄ってきて、イカすオーラが出てくるんですよね。こういう他人にとってはどうでもいいこだわりを持っている人って、中身も一本筋が通っていて信用できると、僕は思っています。
そんな安西さんの影響を少なからず受けて、僕も服を買うときはできるだけベーシックなものを選んで、それをクタクタになるまで着るようにしています。なので、僕の洋服棚には10年選手、20年選手は当たり前。ながく着つづけることで生地がいい具合にくたびれて心地よくなるし、サイズに合う体型をキープするように気をつけるなど、いいことづくめ。ただ、僕の場合はまだ人間力が足りないため、クタクタの服を着ていると単にだらしなく見えるところが問題ですが。
それと、たまに邪心から流行りのものに手を出すこともあるのですが、試着室の鏡に映った自分の姿を見てゾッとするのがオチ。醜態をさらさないように、「よろしいでしょうか?」という店員さんの言葉を無視して、そそくさと元の服に着替えます。
やっぱりある程度、歳を重ねると、急激な変化はよくない。増毛のようにジワジワ変えていくのが男の作法です。

posted by ichio
2014.02.06

『Uncommon Places』

120205.jpg日曜日、子どもとつれ合いは習いごとのイベントに出るため朝から外出。
伽藍とした家の中でしばし、ぼんやり。なぜか、自分の家ではなく似たような場所に迷い込んだ気分になる。ゆっくりと流れる、静かな時間。こういう休日も悪くない。ミルでお気に入りの豆を挽き、ちびりちびりとコーヒーを飲みながらスティーブン・ショアの写真集をめくる。

なんか安いラジオCMみたいになってしまいました。ミルで豆を挽いたというのはウソで、お気に入りのコーヒー豆なんてのもなく、せいぜいコクのある豆を選ぶ程度です。ただ、スティーブン・ショアの『Uncommon Places』を眺めていると、いつもの生活リズムとは違う不思議な感覚になるのはホントです。
『Uncommon Places』は、彼が70年代にアメリカ各地を旅してまわって撮った写真が納められた作品集。ダイナーやショッピングセンターのガレージ、閑散とした町、そこで暮らす人たちなど、ほとんどがロードムービー系の「あるあるショット」なんですが、他の似たような写真とは違う“何か”が写し出されています。
旅の中で気の向くままに撮っているイメージとは裏腹に構図はビシッときまっていて、テイストもシャープ。ロードムービー系の元祖、ロバート・フランクがリアルで動的な写真なのに対して、ショアの写真は静的でどこか幻想的。そのギャップが被写体との距離感をつくり、ノスタルジックな雰囲気を生んでいるのかもしれません。

写真のことは疎いのでよく分かりませんが、近頃の音楽や小説、映画なんかは「今いる場所」を描いたものがやたら多く、「どこかへ連れて行ってくれる」ものが少ないように感じます。
「今いる場所」を描くとどうしてもリアルな目的と結びやすく、受け手の意識も直線的になりがちです。たまにこういうものにふれると気分が上がりますが、そんなんばっかりだと洗脳されているみたいで気持ち悪くなってきます。
一方で「今いる場所」系があり、もう一方で目的やゴールにしばられず、イメージや思考を彷徨わせるような作品があってもいいんじゃないでしょうか。
ただし、それはグラビアではいりません。たまにアートっぽい感じになってるのがありますが、まったく余計なお世話。こちらには確固たる目的があるのですから。

posted by ichio